日本マグネシウム協会 > イベント(講演会・展示会・国際会議) > 講演会 > 2024.3.22(金)第3回マグネシウム電池普及委員会例会「マグネシウム電池の研究・応用最新動向」

2024/03/04カテゴリー2024.3.22(金)第3回マグネシウム電池普及委員会例会「マグネシウム電池の研究・応用最新動向」

マグネシウムは、構造材料となる金属中で最軽量という特性がありながら、電気化学的には電位が低く、非常に活性であるため、耐食性に課題のある材料でもありますが、この活性であるという特性を活かして、電池材料としても使用されています。
本講演会では、大学、研究機関、企業とバラエティに富んだ講師陣により、実用化の事例もあるマグネシウム一次電池と、研究開発が進むマグネシウム二次電池について、研究開発から製品事例までの動向を紹介いたします。
マグネシウムの電池への応用に関する貴重な講演会に、是非ご参加ください。
なお今回は、今後の電池分野における研究開発の活性化に期待して、特別に個人会員価格と、学生価格(社会人は対象外)を設定しました。研究に関わる皆様の参加もお待ちしております。

(一社)日本マグネシウム協会 第3回マグネシウム電池普及委員会例会
「マグネシウム電池の研究・応用最新動向」
◆日 時 2024年3月22日(金) 10:15~16:40
◆場 所 京橋区民館2・3号室(東京都中央区京橋2-6-7)
◆参加費 会員:22,000円(個人会員:5,500円) 一般:33,000円(学生:3,300円)(税込)
◆プログラム
10:15~ 開会 (挨拶・日本マグネシウム協会事務局)
10:25~ ①電池用マグネシウム材料の特性と電極材料の開発
       日本金属(株) 佐藤 雅彦 殿
11:05~ ②高性能な全固体マグネシウム空気一次電池の開発
       筑波大学 伊藤 良一 殿
11:45~ 休憩
12:50~ ③単ロール急冷凝固法によるマグネシウム電池用負極材の開発とその特性
       富山大学 附田 之欣 殿
13:40~ ④マグネシウム一次電池の概要と最近の研究開発状況
       (国研)産業技術研究所 中津川 勲 殿
14:30~ 休憩
14:45~ ⑤マグネシウムと備長炭を利用した植物発電
       (株)ニソール 水野 恒雄 殿
15:25~ ⑥非常用発電装置「MGV」の特性と開発
       (株)グローバル・マグネシウム・コーポレーション 野坂 洋一 殿
16:05~ ⑦最近のマグネシウム電池の研究開発を巡る動向について
       (一社)日本マグネシウム協会 小原 久 
16:40 閉会

申込みはこちらから→→→「マグネシウム電池の研究・応用最新動向」開催案内・申込(PDF)

ページトップへ