日本マグネシウム協会 > 統計資料

統計資料

マグネシウム需給動向
日本のマグネシウムの需要は、1980年代にダイカスト技術の成長、90年代にチクソモールディングの導入に伴う電子機器への適用と順調に増加を続けた。 2000年頃に年間需要量が30,000トンを超えると、自動車部品への適用量がさらに増えたこともあり、2007年に最高需要量となる47,000トン に達した。2008年からの経済不況以降、年間需要量が30,000トン台に減少したものの、現在は約40,000トン程度で推移している。

demand

マグネシウムの価格推移

ページトップへ