日本マグネシウム協会 > トピックス(協会ニュース・業界ニュース・官公庁から・会員様向け) > 官公庁から > 【新型コロナウイルス関連】飲食店等におけるクラスター発生の防止に向けた取組の実施について

2020/07/29カテゴリー【新型コロナウイルス関連】飲食店等におけるクラスター発生の防止に向けた取組の実施について

経済産業省より、飲食店等におけるクラスター発生の防止に向けた取組についての連絡がありましたので、お知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症については、新規感染者の増加が見られ、社会経済活動を維持しつつ、メリハリの効いた感染防止策に取り組むことが急務となっています。
こうした中、最近は、バー・クラブなど接待を伴う飲食店はもとより、いわゆる飲み会、会食等の場でクラスターが発生しており、それらの発生を防止するための取組を強力に推進していく必要があるとされています。
こうしたことを踏まえ、今般、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室において、「飲食店等におけるクラスター発生防止のための総合的取組」が以下に取りまとめられました。

飲食店等におけるクラスター発生防止のための総合的取組(PDF)

こちらにて、御留意いただきたい事項を整理すと、以下となります。

1.業務後に大人数で会食や飲み会を行うことを控えること。

2.会食等で飲食店等を利用する場合には、今後運用の拡大が見込まれる、生活衛生関係の業界団体が確認した上で発行するポスターやステッカーのほか、飲食業界が策定している感染防止ガイドラインに対する自己適合宣言マーク等の表示に留意すること。

3.「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」のダウンロードや、感染者が発生した店舗を利用者に通知するためのシステムを地方自治体独自に導入している場合には当該システムの利用について、事業の公益性を踏まえつつ、自社従業員はもとより、取引先企業にも推奨すること。

4.テレワーク、時差出勤、自転車通勤を推進すること。

5.体調が良くない従業員を出勤させないこと。

                                                                     以上

ページトップへ